神戸のサッカースクール・フットサルスクール・Academy of Sports MAYAでサッカーを楽しもう

新着情報詳細

珍プレー

2014/11/03
今日はジュニアフットサルリーグ。
U10とU12の選手が出場して懸命に?試合をしてきました。

どちらのクラスも参加人数が少なく、いっぱい試合に出ることができました。
普段は1チーム10名以上の参加で、半分くらいの出場時間になっていますが、今日は違います。
体力が持つかと心配していました。
フットサルは足を止めれる時間がサッカーに比べて少ないため、よく働く選手ならば3分で息が上がります。
それでもなんとか最後までみんなで頑張り試合をやりきりました。

しかし両チームともに勝てる事がは多かったのですが、ドタバタした試合が多かった!

U12は初戦から眠そうな選手が、、、集中とは程遠いスタート(笑)
試合慣れしていない選手は何をしたらいいかわからなくなるほどパニックになっていました。
先月から1体1を強化中のASは個人の突破を中心にゲームができればいいな~と思っていたのですが。
仕掛ける場面があまりよくなく、強引になっただけのゴリゴリ突破が増えちゃいました。
仕掛ける方法、技術も大切ですが、仕掛けられるポジショニング、タイミング、ボールのもらい方を練習しないといけない、と反省。

日本人はドリブルが上手だけど使い方がわかっていない、だからドリブルなんてさせない。

海外から来たコーチが言っていました。
それって下手クソって言ってくれた方がまだ救われるっす。。。
ドぎついセリフにコーチとしてうなだれます。

では、どうすれば上達できるんやろ?

もっとゲームをしてその中でおぼえるもの、らしい。
結局はお国柄、的な結論になってしまいました。

子供たち自身が広場でボール遊び、サッカーをする環境が少ない今の子どもたちが、そう言った海外の子どもたちと同じだけ経験を積むことはむつかしい。
ならばその環境を真似するのではなく日本的な環境のもと、できるだけ多くボールを触れる時間を作ろうと思いASは毎日いつでも練習ができるように会場を確保しています。
今の練習は技術がメインになっていて、それを試合で出す。
いよいよ次はどこで?いつ?それから?にも着目してその選手の特徴にあったアドバイスができるように変化させていきます。

そんな中、今日は1人で大量得点をあげた選手がいました。
多少強引な場面もありましたが、許容範囲。その選手の技術を考えると無茶な突破ではありません。
その選手の特徴は、かわしてからのシュートが早いこと。素早い切り返しからスルスルと抜け出してかわした瞬間にドンと打てるんです。
今日1日で得点ランキングの上位に入ってくるでしょう。
今後は自分のプレーだけではなく他の選手へのコーチングをピッチ内でできれば、眠たい選手は目を覚まし、慌てている選手を落ち着けることができるはず。

コーチングといえば6年生の選手も頑張っていました。
その選手はJリーグやFリーグをいつも観戦に行っているため、なかなかのサッカー通。
外から試合を見ているときの解説を聞いていると、面白くて(笑)
でもいざゲームに入るとそうも冷静ではいられずに視野がせまくなってしまいます。
大人でもむつかしい事なので当たり前ですね。
それでも出来るだけ多くのアドバイスをしていました。
怒鳴られ過ぎて余計に緊張する選手もいましたが(笑)次も皆をリードしてほしいですね。

さて、U10。
これが面白い。ドタバタもいいとこで、終始笑い転げていました。
衝突、転倒当たり前。

珍プレーの連続

事故がラッキーになるかアンラッキーになるかで得点か失点になるパチンコゲームです。

4年生の1人を軸になんとか勝つことができていましたが、まあ~面白かった!
その選手はとても柔らかいボールタッチで相手をいなして優しいパスを出します。
本人でのシュートもありますが、パサーといった感じ。
しかしうまくパスを出しても合わない、そこでパスを受けても先で不用意な突進をして事故、再三のチャンスを演出するものの上手く結果が出ない。
オイオイ、、、ともいえますが、今は(笑)でいいんじゃないかと思います。

ほとんどの選手が3年生で最近コースを変更したばかり、まだまだ試合でどう働けばいいかを勉強し始めたとこなのでドンマイ。
今日は余り多くを語らず、どこでパスを受けれる準備をすればいいかを一緒に考えてみました。

女子選手もゴールキーパーをがんばっていました。
「いーやーやー!!」ともんくばかり言っていますが、無視(笑)
50点までは取られていいから行ってこい!と...
とても上手にボールをよけていましたが、ところどころキャッチをしに行ってはピンチをふせいでいました。

ASのゴールキーパーを決める方法があります。

まずは行きたい選手がいくこと、複数希望があればジャンケンで順番を決めてハーフごとにかわり、
誰も行きたい選手がいなければ全員ジャンケンで負けた選手から順番に全員がキーパーをします。
そして、キーパーをした選手は出来るだけキーパーをしないハーフをフィールドで出れるといった感じ。
今日は全員ジャンケンの日で、その選手もキーパーをした、ということです。
しゃーないね。次もがんばってや。

あと、ご褒美タイプの約束をしていた選手もいましたねえ。
得点をしたらハワイ旅行(笑)みたいな。
あれ、やめましょ。
子どもの目的がかわってしまい、チーム内のまとまりがなくなります。
せめて~点差でチームが勝てれば、とかにして下さい。本当はそれもどうかと思いますが、まあいいでしょ。
目的が達成できなさそうになると、その選手のモチベーションはチームを無視して一気に下がります。
場合によっては達成した場合も同じ、それで完結してしまい手を抜き出した選手にサポーターがキレる、といったオチになる場合も(笑)
いい結果につながる場合もありますが、リスクもあります。小学生の間は特に注意してください。
個人の目的は視野を狭めて、その時その選手は全員が敵に見えてしまう。。。
せめてチーム的なニンジンをご用意ください。

次回はもっといい試合ができるように練習していきます。
応援よろしくおねがいします。

焼そば




















































































<<戻る

mobile:090-5014-7337,tel:078-882-5522,【営業時間】12:00~22:00,【定休日】土・日・祝日,※施設巡回バス有。

  • 初めての方はこちらから!
  • 体験する!
  • 入会する!
  • soccer質問する!
For Visitor
体験教室のお申込み
入会のお申込み
サッカースクールへの質問
For Member
バス乗車・時間変更連絡
お休み・振替日の連絡
参加曜日・時間変更の連絡
その他のご連絡はこちら

Information

Academy of Sports MAYA 会場
〒657-0854
兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭1番
神戸でスポーツの楽しさと共に、厳しさや礼儀の大切さなども教えています!現在、サッカースクール・フットサルスクールを開校中!体験教室もありますのでぜひご利用下さい!
mobile:090-5014-7337,tel:078-882-5522,【営業時間】12:00~22:00,【定休日】土・日・祝日,※施設巡回バス有。
  • facebook
  • blog
  • アスコフットサルパーク

PAGE TOP

神戸でサッカースクール・フットサルスクールをお探しなら【MAYA】をご検討下さい!

Copyright©Academy of Sports MAYA All Rights Reserved.